上司の顔色とスケジュール

サラリーマンは誰しも上司の
顔色を気にすることはやむを得ない
と思うが、一方で、この点
過剰な者と、割と役割と割り切る
者には、違いがある。


前者は酷いのになると、
上司のスケジュールを確認する
事が日常業務になる。
こうなると、社内ストーカーだ。


そして、前者はほぼ例外なく
出世しないと思う。


それは、働く価値観が、

上司>仕事


となっているからだ。


これは多分能力と向上心の
不足が原因だろう。
自らの改善に向き合えない人が、
上司の顔色をいつも気にする
のはわかる気がする。



こういう人は大企業や
役所勤務があっていると思う。


伸びる人は、
仕事と自分に向き合い
評価をする上司を道具として
上手く使える人だ。


彼らは上司による
パフォーマンスの波がほぼない。



因みにサラリーマン時代の僕は、
仕事を任せず無用な報告と忠誠を
強いる上司と人柄と勤続以外に
何もない上司の下では全くダメだった
ので、会社は相当苦労しただろう
と思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS