採用は続く

コロナ問題が起きた2月
最初に危惧したのは、最大の
ビジネスであるリクルーティング
ビジネスが無くなることだった。


リーマンショックに時が
まさにそうで、正直いうと
眠れない日々を過ごした。



それから約4ヶ月、
リクルーティングビジネスは
寧ろ微増している。


プロジェクト毎にいろんな
事情はあろうが、マクロで
考えれば、理解できる日本の
就業構造によるものだ。


この10年で、1000万人以上の
団塊世代が現役から引退した。


一方で新卒で市場に入って
くるのはせいぜい50万人。



外国人に鎖国をしている様な
ものだから、圧倒的な人手不足
なのだ。



当社の主力クライアント
はエンタープライズが多いので、
彼らは、総人件費と能力獲得の
観点から、新卒採用に投資せざるを
得ないと思う。


収益を生むPMやセールス
エンジニアなども売り手市場だろう。



ただし、成果に結びつく
能力主義の色彩はますます
強くなり、若さや偏差値は、
武器にならなくなりつつある。



いずれにしても、
リーマンショックの経済ダメージ
とは違う世界が進行している様だ。


もう少し、市場を注視したい。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS