少年と犬

今年の直木賞受賞作


犬が主人公と言ったら
言い過ぎだろうか?




東日本震災時
釜石で飼主を亡くした犬が

当時、親友になった子供に
会いに、5年かけて熊本に行く
というお話。


人間の言葉で
犬の気持ちを語り

犬がそれぞれの心に
寄り添う短編連続小説という
形だが、最後は感動を呼ぶ。

犬は言葉を理解するし
心も伝わる、と信じている
僕にとっては、最高の小説だった。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS