ある男

平野さんの最新作


自分とは何か?



こういう難しい事を
突き詰めた作品ではないか。



後半の展開から
所謂アイデンティティという
定義や親兄弟あるいは、人間の
幸せや運命 という言葉が
頭の中でグルグルするようで、
痺れる様な話の連続である。


そういえば、 以前紹介した「分人」
というテーマとも重なる。



人事で世界をハッピーに
などと軽口を叩く人には、
人生勉強のために、ぜひ読んで
欲しいと思う。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS