読書と質問でわかる知性

10月には内定式があって、
その後にちょっとした懇親の場
がある。


会社説明会でもそうだけど、
参加者のための時間だから
彼らの関心と興味に沿った話を
する様にしている。


事前に質問を受け付ける
という方法をとるのだ。


その内容を見ると
大凡の知的水準がわかるし、
伸びるかどうかもわかる。


もちろん一緒に汗をかかないと
当初の成果はわからない。

だけど、勉強量に裏打ちされた
知性は、骨太のエネルギー源だから
何処かで馬力を出してくる。


今年の内定者は、バラツキが
あるけど、まあまあかなぁと思う。

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS