勝ちに不思議の勝ち あり

江戸時代の武道家で、

松浦静山という人が言って、プロ野球監督の
野村克也さんが好んで使ったらしい。


名言である。


成功の要因は?


マスコミや出版社は、これを
やたらとコンテンツに使いたがるし、
成功の法則という答え探しを望む人が
多いのもわかるけど、
実はそこには答えがない事が多い。




一方で、静山は、こうも
言っている。


負けに不思議の負け無し



これまた至言。


失敗には、論理的な要因がある。


だからね、
幾ら成功者の本を読んでも
ダメなんだよ。


それより、自らの失敗を
反省する事で、本質的な正しい
行動がわかってくる。


歴史や哲学の勉強も
小説を読むのも同じ。



わかるかなあ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS