トヨトミの逆襲

これは昨日の続きだが、


前作は、講談社発行だが、


本作は、小学館発行
問い所がもう愉快だ。



トヨタのプレッシャーだろう。



後半は、現在のトヨタ社長と
役員中心である。



小説の中では
凡庸な人たち。


そこにソフトバンクの
孫さんも登場する。


大きな図体で、

企業を変革させる厳しさを強く
感じるし、


一方で働き手は、
役員レベルでも


「今の自分」しか
見ないんだ、


だけどね、それも
トップの資質だよなあ、

と思いながら、自分の会社の
未来を想定して楽しく
読めました。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS