慶應最後のワンプレイ

1日の第二試合


明治と慶應


まあ明治の楽勝かなぁ


と思っていたら


筑波に負けて、猛練習した
慶應が、震えるような好タックル
をいくつも見せて、明治にラグビーを
させなかった。


最後まで競り合った好試合は、
最後のワンプレイで、ペナルティを
とった慶應が、ゴールを決めて
一点差の逆転勝ち



やっぱりラグビーは
スクラムとタックルだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS