コロナ禍の教育 その2

昨日の続きだが、
僕が始めた教育プログラムは
読書勉強会という形式だ。


強い信頼関係がある我がチームにとって
一番パフォーマンスの高い方法は、
最適な良書の選定とファシリテーション
を前提とした読書勉強会だと思う。


同じ書物から得られるインプットを
披露し合う事が深くこの上ない学びとなる。


気がつくと下のレイヤーでも
行われているようなので、
きっと当社の社風に合うのだと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS