恋愛及び色情(谷崎潤一郎)

ひょんなことで、とある図書館で
明治43年新思想という文学雑誌(多分)に
載っている谷崎潤一郎の随筆集が
目に止まって、漱石論の序文から
読み出したら止まらなくなって、
岩波文庫を買い求めた。


流石に古いので、
じっくり読まないと進まないが、
何というか、完全に没頭していた。


このタイトルは、その中の一つのものだが、
人間や東洋文学、日本文学の比較や
女性像など深く、深く解説されていて、
やはり本当の人間の勉強は
文学の中にありそうだなあと強く感じた。




以下抜粋ー


左様に我々日本人の伝統は、
恋愛の芸術を認めないわけではないが、
うわべはなるべく素知らぬ風を装い、
それが日本人の慎みであり、
社会的礼儀になっていたのである。




改めて、
明治から昭和の時代に生きた
谷崎潤一郎の勉強量に驚き、
古典や文学から学ぶことは
多いなあと強く思った。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS