不況に強いビジネスモデル

11月で、今期の上半期が終わった。
リーマン以来の暗中模索の半年だったが、
結果からみると悪くない業績を出せたと思う。


売上は去年比103%
営業利益は186%と過去最高である。


当社は現場スタッフの品質が1番の強みだから、
既存顧客の信頼性からくる業績の安定が
一層光った半年だった。


反面新規営業は、苦しかったけど、
早めに現状分析ができているので、
リーダー陣が既に行動を切り替えており、
下半期早々には、こちらの成果も出るだろう。


目標未達成による賞与の減額分を
下半期に取り戻して、
コロナを吹き飛ばしたい。


下半期の目標達成は、
既に視野に入っているので、
上半期の不足分を埋めて、年間達成となれば、
最高だけどなぁ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS