自転しながら公転する

直木賞作家の山本文緒さんの作品。
だいぶ売れているようだから、
既に読んだ方も多いだろう。


32歳の女性の人生の一部をリアルに描き、
そのタイトルに表題の言葉を
持ってくるセンスがすごいと思う。


彼女の夫になる貫一は、かなりの男で、
僕の最も好きなタイプだけど、
女性から見る目線は、リアルで、
こんなに違うんだ、と驚き、
わかったふりはできないなあと
嘆息する次第である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS