145gの孤独

伊岡瞬さんのユニークな小説


主人公は、元プロ野球の有名投手で、
ビーンボールを機に、野球界を追われて
便利屋業を始める。


そこに持ち込まれる案件が、訳ありで
切ない事情があって、物語として面白い。


案件ごとの章立てだから、ちょっと軽い
気もするけど、ぐいぐい読める。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS