懸垂

数十年に渡り、
多忙と睡眠不足を誇りと自慢に
生きてきたので、
やはり現場を離れるのは辛い。


無理をしていると、
戦争映画や残虐なホラー映画ばかりみるとか
バイクの運転が粗くなるとか
ちょっと不味いなあということが
数ヶ月続いた。


そんな時通っているトレーニングジムで、
身体測定大会?があると聞き、
昔学年で一番だった懸垂部門に
エントリーしたが、これが大変だった。


トレーナーの前で、得意気味にやったら、
なんと一度も上がらず、大層凹んだ。


正式な懸垂というのは、腕っ節を使わずに、
肩甲骨の動きと背面の筋肉だけで行うからだ。


ここから計測日までの6週間集中して
背面の筋肉だけに特化した
かなり強度の強いメニューをこなした。


トレーニングの翌日は、筋肉痛が凄くて、
全身微熱が多い、コロナか?と
思うような事もあった。


4/4 正式な計測日は、ビデオ撮影して行う。
60代部門は、2回できれば優勝、
50代部門は5回という事だったので、
5回目標で、なんとか達成できた。


商品は、コンビニでも売っている
タンパク質補給品だけだったけど、
目標達成に狂喜した僕は、LINEで繋がる
友人達にこのビデオを送りまくり、
幼稚なところを見せまくってしまった。


まあ次は8回やって、
40代部門に殴り込みだなあ。


結局数字で示されたフィジカル目標に
邁進するところは、10代と変わらない。


でも自分を知り、上手く生活と仕事の変化を
実現できたようにも感じている。


読者のみなさんはわからないだろうけど、
指示命令がない立場で、自ら変えるって、
結構大変なのです。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS