Fact fullness 4

何日にも分けてここに書いたように、
学びの多い本ではあった。


一方で、その実戦は難しい。
正確性を優先すればするほど、決断は鈍り、
問題の先送りになる可能性があるからだ。


正しい決断が、
タイムリーにする事を目的とすると、
やはり日常の情報収集の仕方ではないか。


確かに、便利でただの情報や問題を煽りたがる
マスコミに依存するのは危険だろう。


結論を思い込まないようにする様に
自制する事も権力者の大事な事だろう。


世界を旅して、自分の目で見ることや、
歴史の史実を丁寧に理解する事も同様。


結局は、勉強を重ねて、
直観力を高めるということになるのかなあ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS