女性活用と支配欲求

今月の役員会は、男女5人ずつで、
創業以来初めて同数となった。
もちろん全員役員というわけではないけど、
この時代に女性が、
意見を言える素地はできた、というところか。


ところで世の中女性活躍プログラムが、
大流行だ。おっさんばかりの企業は、
顧客や社会から見放されつつあるようだ。


女性活躍と称して、社内のプロモーションを
無理矢理しようとしても上手くいかないのは、
彼女たちがそれを強く望まないからだ。


多くに男性が持つ昇進欲求は、
支配欲求とも呼ばれるが、
女性にはこれが無い人が多い。というか、
仕事のできる人の殆どがそうだ、と僕は思う。


昭和以降の企業の組織作りは、
年功序列とこの支配欲求を前提に
行われてきたわけで、
そんな所にまともな女性を登用したら、
皆んな窒息してしまう筈だ。


この事実を無視して事を進めても、
これからの組織作りは上手くいかないだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS