クルマのEV化

欧州も中国もクルマのEV化が、
政府のリードで進められている。
最初は、環境問題の解決が目的かと思った
けど、ことはそんな単純ではないらしい。


自動車産業というのは、
巨大な垂直型産業の典型だから、
強固な組織であり、後発が参入できない。
だがしかし、モーターとバッテリーで
動くクルマは、部品数が圧倒的に少なく、
IT業界などからの参入が容易だというのだ。


つまり、
オセロを白から黒にひっくり返す戦略なのだ。
そうなると日本は厳しいだろうなあ。
現に、京都や盛岡の市営バスは、
中国メーカーのEVバスらしい。


話は逸れるけど、日本で飛ぶドローンは
全て中国製で、コスト面で敵わないという。


この数年で、業界の構造が変わり、
それに伴い、国の技術力も
大きく逆転するかもしれない。
単純に変化と言える楽観的ではないと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS